お金の貸し借りの際に結ぶ契約ですが、債務者が返済をしない場合に備えて、強制執行をしやすくするために、「強制執行認諾条項」というものを付ける事ができます。
「強制執行認諾条項」とは、簡単に言えば「債務不履行の場合は強制執行されてもかまいません。」という債務者の意思表示を契約書に盛り込むことなのですが、強力な効力なので公証役場で公正証書という形式の契約書にする必要があります。