遺留分を有する相続人は、配偶者、子(孫などの代襲相続人)、親(直系尊属)の限られます。
相続欠格者、被排除者、相続の放棄をしたものに遺留分はありません。
また、包括受遺者にも遺留分はありません。