遺留分権者は相続開始前でも、相続開始後でも遺留分を放棄することができます。
相続開始前に遺留分を放棄するには家庭裁判所の許可が必要です。
遺留分の放棄とは、遺留分が侵害された遺贈なり贈与がなされた場合であっても減殺請求しないという意思表示です。
遺留分の放棄をしても相続権が失われることはありません。