遺留分が遺産のうちどれほどの割合になるのかが定められていますが、割合は3分の1の場合と2分の1の場合があります。

  • 直系尊属のみが相続人の場合、遺産全体の3分の1
  • 上記以外の場合、遺産全体の2分の1