遺留分とは、一定の相続人のために法律上必ず確保されなければならない遺産の一定割合のことを言います。
遺留分を侵害する遺言も有効です。遺留分権者の減殺請求があって初めて、遺留分を侵害する部分に限り効力を失います。