裁判所で執行の手続をするためには、債務者へ公正証書が渡されていることを証明する送達証明書が必要になります。
公正証書作成当日に債務者本人が公証役場に来て調印される場合は、公証人からの交付送達という手続きを取るのが一般的です。