財産管理委任契約とは

後見制度を利用する前の段階で、高齢者をサポートする方法の
一つです。

財産管理の委任契約の注意点

二者間の任意な契約のため、第三者によるチェックが無く、かえって損害が発生する可能性があります。(財産管理者による横領など)

その為、管理を委任する財産の範囲を限定したり、第三者による財産の管理状況の定期的な確認を契約に盛り込むことでリスクを回避することが求められます。

これらの条件を盛り込んだ財産管理委任契約を結ぶことにより、任意後見制度利用に移行する前の、高齢者の暮らしの安心をサポートすることが出来ます。