株式を第三者に譲り渡そうとする場合に、定款で定めた承認機関が承認しなければ譲り渡すことのできないという制限の付いた株式です。
会社にとって好ましくないものへの株式の譲渡を制限することができるため、事業承継を考える際には有効です。ただし、譲渡制限付き株式を発行する場合にはあらかじめ定款の変更が必要な場合もあります。