例えば遺言がなく、相続人全員で遺産分割協議をする場合、相続人が一人でも欠けていたら、その遺産分割協議自体が無効となってしまいます。

つまり、遺産分割協議書に署名した者以外には相続人がいないことを
証明する必要があるのです。

他に相続人がいないことを証明するためには、まず亡くなった方の戸籍謄本と除籍謄本、場合によっては改正原戸籍というものもすべて取り寄せます。

戸籍は一人につき一つとは限りません。むしろ複数になっているのが普通です。
本籍が移動すると戸籍も変わります。結婚により本籍が変わっている場合などが考えられます。

とにかく、生まれてから死亡するまでの戸籍をすべて取り寄せます。

戸籍の附表もすべて取り寄せます。その中から、相続人らしき人を特定していきます。

そして、子がいる場合はその子の戸籍を取り寄せます。

現在も生きているのか等を確認しなければならないからです。

相続人の調査料金

業務の内容

  1. 被相続人の戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍等を取り寄せて誰が相続人なのかを調べる手続きです。さらに、相続人が確認できたら、その相続人すべての戸籍を取り寄せます。他に相続人がいないことを証明するために必要な手続きです。
  2. 基本料金:54,000円(税込み)~

    お問い合わせ

    行政書士をお探しなら、お気軽にご相談ください。
    担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

    011-769-9512
    対応時間:9:00~18:00(月~金)
    休日:土日祝日

    メールでのお問い合わせ・ご相談はこちらをクリック