被相続人に子がなく、両親もすでに亡くなっている場合、法定相続人は配偶者と兄弟姉妹となります。
法定相続分は、配偶者4分の3、直系尊属4分の1です。

そこで、遺産すべてを配偶者に相続させたい場合は遺言が有効です。
兄弟姉妹には遺留分が無いので、すべての遺産を配偶者に相続させることができます。