相続人が誰もいない場合、一定の手続きを経た後、行き場の無い遺産は最終的に国庫に入ることになります。遺言を書くことで、特定の個人や団体への寄付等が可能になります。