相続人は自己のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内に 単純承認、限定承認、相続放棄のいずれかをする必要があります。
※何もしなければ、単純承認したものとみなされます。

【単純承認】

被相続人の財産も借金もすべて相続します。

【限定承認】

相続人が相続した被相続人の財産の限りにおいて、被相続人の債務等も負担します。
※相続人が複数いるときは、全員で限定承認する必要があります。(相続放棄する人を除く)

【相続放棄】

初めから、相続人でないことになります。(裁判所への申述が必要です。)