法定後見制度は、判断能力がすでに十分でない方を対象にしているという点で異なります。
本人は後見人を誰にするか等を決めることができませんし、本人の意思を尊重しづらい制度なので、判断能力があるうちに締結できる任意後見契約が重要視されています。