死後事務委任契約とは

死後の事務委任契約とは,葬儀や生前の医療費の支払いなど、死後に行わなければならない諸々の事務を行う人をあらかじめ定めておく契約です。
本来、委任契約は本人が死亡すると終了します。そのため、本人死亡後の事務処理について、特に相続人がいない場合には、誰が行うのかが問題となってしまいます。
そこで、委任契約に死後の事務を委任する特約を付けることによって、この問題を解決することが出来ます。
ただし、死後の事務委任契約はあくまで委任者と受任者の二者間の契約なので、遺言執行者ほどの強制力はないと思われます。
そのため、相続人がいる場合には、死後事務の執行にあたっては、あらかじめ相続人との間で、委任された事務の執行に関する了承を得ることが必要になると思います。