遺言を書く目的は、その人により様々です。
遺言の内容の大部分は遺産に関することですが、 それ以外にも書くことができる項目もあります。 これを遺言事項といっています。
遺言により行うことができる事項や 生前行為によっても行うことができるもの等があります。

依頼人の話をよく聴いた上で、どのような遺言を書くことが 最も依頼人の希望に沿い、また、残された親族の方たちが争い事無く、スムーズに 相続手続きを済ますことができるのかを、的確にアドバイスさせていただきます。

遺言の目的のひとつは、相続による親族間の争い事を起こさせないようにすることですが、 書き方が悪く、かえって不要な争い事に発展するケースもあります。

お問い合わせ

行政書士をお探しなら、お気軽にご相談ください。
担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

011-769-9512
対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちらをクリック