「強制執行認諾条項付公正証書」で金銭消費貸借契約をし、債務不履行ののちに強制執行する場合、公証役場でその公正証書に「執行文」を付与してもらう必要があります。
「執行文の付与」というのは、公証人に「この公正証書の内容どおりに強制執行してもいいですよ。」と認めてもらうことになり、裁判での確定判決と同様の効果をもたらします。