企業経営に役立つ情報を発信し、さまざまなサポートを提供します。

相続財産の調査

調査すること

一つは、財産の帰属の調査です。
相続人に帰属する動産、不動産、有価証券等をリストアップするのが目的です。
手元にある現金や被相続人名義の通帳がある預貯金ならば、それが相続財産であることがわかり易いですが、不動産に関しては、固定資産課税台帳(名寄帳)をもとに所有する不動産を特定していきます。
固定資産台帳は市町村で管理しているので、他の管轄にある不動産は載っていませんので注意が必要です。

もう一つは、リストアップされた財産の金額がいくらになるのかということです。

相続財産の調査をする目的

  1. 単純承認するか限定承認するかの参考にする
  2. 相続を単純承認した場合、資産だけでなく借金も相続するため、それぞれがいくら位らるのかわからなければ困ります。そのため、相続財産を調査して、単純承認するか、限定承認するか、あるいは、放棄するのかを決めます。

  3. 相続税申告の義務
  4. 相続が開始してから10ヶ月以内に相続税の申告義務があります。ただし、一定の金額に満たない場合は、相続税がかからないため、相続財産には何があるかを把握し、それぞれの金額を知る必要があります。

  5. 遺産分割協議に利用する
  6. 相続が開始し、遺言が特に無い場合ならば、相続人全員が法定相続分の割合にしたがって、相続財産を共有することになります。しかし、相続人全員の話し合いにより法定相続分とは異なった財産の分配方法をすることもできます。この話し合いを、遺産分割協議と呼びます。遺産分割協議の際にそれぞれの財産の価格を参考に行うことができます。

業務の内容

固定資産評価証明書等、必要書類を取り寄せて、被相続人の相続財産を調査し財産目録を作成いたします。
財産目録は遺産分割協議の際の資料としてご活用いただけます。

相続財産の調査報酬

50,000円(税抜き)~
案件により異なる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

専門家が丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください TEL 011-769-9512 受付時間 9:00 - 18:00[土日祝も対応致します!]

PAGETOP
Copyright © みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.