企業経営に役立つ情報を発信し、さまざまなサポートを提供します。

相続人の調査

例えば遺言がなく、相続人全員で遺産分割協議をする場合、相続人が一人でも欠けていたら、その遺産分割協議自体が無効となってしまいます。
つまり、遺産分割協議書に署名した者以外には相続人がいないことを証明する必要があるのです。
他に相続人がいないことを証明するためには、まず亡くなった方の戸籍謄本と除籍謄本、場合によっては改正原戸籍というものもすべて取り寄せます。
戸籍は一人につき一つとは限りません。むしろ複数になっているのが普通です。
本籍が移動すると戸籍も変わります。結婚により本籍が変わっている場合などが考えられます。
このように、生まれてから死亡するまでの戸籍をすべて取り寄せるという、作業が必要です。
戸籍の附表もすべて取り寄せます。そして、その中から相続人らしき人を特定していきます。
そして、子がいる場合はその子の戸籍を取り寄せます。
現在も生きているのか等を確認しなければならないからです。

業務の内容

被相続人の戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍等を取り寄せて誰が相続人なのかを調べる手続きです。
さらに、相続人が確認できたら、その相続人すべての戸籍を取り寄せます。他に相続人がいないことを証明するために必要な手続きです。

相続人の調査報酬

54,000円(税込み)~

  • 案件により異なる場合がありますので、お気軽にご相談ください。
  • 保証人をご依頼の場合は、別途料金が発生します。
  • 別途、公証料金(公証役場に支払う手数料)が発生します。



専門家が丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください TEL 011-769-9512 受付時間 9:00 - 18:00[土日祝も対応致します!]

PAGETOP
Copyright © みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.