企業経営に役立つ情報を発信し、さまざまなサポートを提供します。

法定相続人と相続分

遺言書が無く、相続人が複数いる場合などはそれぞれ法定相続分を相続することになります。
配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人となります。
第一順位の相続人は被相続人の子です。第一順位の相続人がいる場合は配偶者と子が相続人となります。
子がすでに亡くなっている場合で孫がいれば孫が第一順位になります。(代襲相続といいます。)
第一順位の相続人がいない場合は、親(第二順位)、いなければ兄弟姉妹(第三順位)が相続人となります。
先ほども言ったように、配偶者は常に相続人となるので、配偶者と第一順位若しくは配偶者と第二順位若しくは配偶者と第三順位の者で相続します。

相続分の割合

配偶者と第一順位の相続人の場合
配偶者2分の1 第一順位の相続人2分の1

配偶者と第二順位の相続人の場合
配偶者3分の2 第二順位の相続人3分の1

配偶者と第三順位の相続人の場合
配偶者4分の3 第三順位の相続人4分の1

同順位の相続人が複数いる場合

按分します。(単純に頭割りします)
例)配偶者と子供3人の場合
配偶者2分の1(6分の3) 子6分の1×3人(6分の3)

相続人の確定とはどういうことをするのか

ここまでで、相続分の割合について述べましたが、相続分がどれほどなのかを確定させるためには、
相続人が誰か、そして全部で何人いるのかで変わってきます。

そんなのすぐわかるよ!

と、思いの方もいらっしゃると思いますが、果たしてそうでしょうか?
知れている兄弟姉妹だけだと言い切れるのでしょうか?
一緒に住んでいなくても、戸籍上の子が他にいないと言い切れますか?
それを戸籍をさかのぼって調べるのが相続人の調査です。

遺産分割協議でも必要な手続きです。

先ほど法定相続分のお話をしましたが、必ずしもそれに拘束されるわけでもないというお話です。
法定相続人全員の合意があれば、自由な遺産の分配ができます。これを、遺産分割協議といいます。
重要なのは、法定相続人全員の合意なので、一人でも欠けると無効になります。
相続人を確定していなければできない手続きです。


専門家が丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください TEL 011-769-9512 受付時間 9:00 - 18:00[土日祝も対応致します!]

PAGETOP
Copyright © みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.