企業経営に役立つ情報を発信し、さまざまなサポートを提供します。

創業融資と創業補助金

融資と補助金の違い

ic14融資とは、必要な資金の借入れ、又は貸付をすることで、原則全額返済義務があります。
一方、補助金は一定の条件のもと一定額については返済が免除されるものをさします。

創業融資とは

創業に際して必要となる資金を貸付する制度です。
窓口は、国の機関、自治体の機関、民間の金融機関などいくつもあります。
国の機関としては、日本政策金融公庫が代表的なものです。
都道府県レベル、市町村レベルでも様々な窓口が開設されていてます。

創業融資を受けるためには

一般的には、事業計画、資金計画、返済計画、具体的な経営計画等を提出し、さらにヒヤリング等の手続きを経て決定されます。
融資金額や担保の提供があるかどうかなど、様々な条件により金利などが変わってきます。
窓口によりシステムは様々です。

創業補助金とは

自治体などで一定の政策上行われるものがあります。
ある特定の業種の創業を推進したい場合などで、一般的に制約が多い傾向があります。
その代り、融資の一部の返済を免除する(事実上補助する)制度です。



専門家が丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください TEL 011-769-9512 受付時間 9:00 - 18:00[土日祝も対応致します!]

PAGETOP
Copyright © みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.