企業経営に役立つ情報を発信し、さまざまなサポートを提供します。

地理的表示保護(GI)制度

地理的表示保護制度とは

地域には長年培われた特別の生産方法や気候・風土・土壌などの生産地の特性により、高い品質と評価を獲得するに至った産品が多く存在しています。これら産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護する制度が「地理的表示保護制度」です。

TRIPS協定では、「ある商品について、その確立した品質、社会的評価その他の特性が当該商品の地理的原産地に主として帰せられる場合において、当該商品が加盟国の領域又は領域内の地域若しくは地方を原産地とすことを特定する表示」と定義地とすることを特定する表示」と定義
TRIPS協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)とは

国際的に広く認知されており、世界で100カ国を超える国で保護。

日本における地理的表示保護(GI)制度

平成27年6月1日より施行された特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき運用するものです。

地理的表示(GI: Geographical Indication)とは

農林水産物・食品等の名称であって、その名称から当該産品の産地を特定でき、産品の品質等の確立した特性が当該産地と結びついているということを特定できるものです。地理的表示として登録が認められた産品には、地理的表示と併せて登録標章(GIマーク)を付すことができます。

地理的表示の登録手続き

  1. 生産・加工業者の団体が、「地理的表示」を申請書と添付書類(明細書、生産行程管理業務規程等)により、登録申請。
  2. 農林水産大臣が審査の上、地理的表示及び団体を登録。→申請書により定まる品質の基準も合わせて登録。

地理的表示のメリット

  1. 地域ブランド産品として差別化が図られ、価格に反映。
  2. 不正使用に対して行政が取締りを行うことで、生産者にとっては、訴訟等の負担なく、自分たちのブランドの保護が可能。
  3. 品質を守るもののみが市場に流通。

地理的表示の登録費用

申請時の費用はかかりませんが、登録を受けた場合、登録免許税(1件当たり9万円)の納付が必要です。
一旦登録されると登録が取り消されない限りは存続し、更新等の手続は不要です。

地理的表示保護制度活用支援 中央窓口(愛称:GIサポートデスク)



専門家が丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください TEL 011-769-9512 受付時間 9:00 - 18:00[土日祝も対応致します!]

PAGETOP
Copyright © みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.