企業経営に役立つ情報を発信し、さまざまなサポートを提供します。

親族内の事業承継

事業承継のうち最も多くなされている承継の方法です。

親族内の事業承継のメリット

  • 会社内外の関係者から、一般的に受け入れられやすい。
  • 後継者を早期に決定し、後継者育成期間を十分に準備することが可能。
  • 相続等により財産や株式を後継者に移転できるため、所有と経営の分離を回避することが可能。

親族内の事業承継デメリット

  • 親族内に、経営の資質と意欲を併せ持つ後継者候補がいるとは限らない。
  • 相続人が複数いる場合などは、経営権の分散につながりかねないので、対策が必要です。
  • 株式等の集中にコストがかかる場合がある。

親族内の事業承継のステップ

ステップ1.関係者の理解を得よう!

  • 後継者候補が複数いる場合など、誰が事業を引き継ぐのか?後継者が相続分の範囲を超えて株式を取得する場合、他の相続人への金銭的な補償をどのように解決するかなど。
  • 社内・取引先・金融機関等への事業承継の公表。
  • 将来の経営陣の構成等、役員、従業員の世代交代の準備。

ステップ2.後継者の育成に努めよう!

  • 後継者に対して、現在の経営者が直接ノウハウなどを伝授することができるという点で、早い段階から事業承継を考える最も大きなメリットかもしれません。

ステップ3.株式・財産の分配をしよう!

  • 後継者への事業用資産・株式の集中をします。
  • 生前贈与あるいは遺言を活用することによって、後継者に株式等を集中させることもできます。
  • 後継者以外の相続人への金銭的補償等をどうするか考えましょう。



PAGETOP
Copyright © みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.