企業経営に役立つ情報を発信し、さまざまなサポートを提供します。

金銭消費貸借契約書作成サポート

ic14

お金の貸し借りの際に結ぶ契約ですが、債務者が返済をしない場合に備えて、強制執行をしやすくするために、「強制執行認諾条項」というものを付ける事ができます。
「強制執行認諾条項」とは、簡単に言えば「債務不履行の場合は強制執行されてもかまいません。」という債務者の意思表示を契約書に盛り込むことなのですが、強力な効力なので公証役場で公正証書という形式の契約書にする必要があります。

業務内容

依頼者様にヒアリングさせていただいた内容の金銭消費貸借契約書案を作成いたします。
公証人との事前相談も当事務所で行いますので、契約書作成当日に公証役場へ足を運んでいただくだけで結構です。
また、代理人を立てることもできます。

金銭消費貸借契約書作成サポート

30,000円(税抜)~

  • 案件により異なる場合がありますので、お気軽にご相談ください。
  • 代理人をご依頼の場合は、別途料金が発生します。
  • 別途、公証料金(公証役場に支払う手数料)が発生します。

専門家が丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください TEL 011-769-9512 受付時間 9:00 - 18:00[土日祝も対応致します!]

PAGETOP
Copyright © みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.