「伝わる」ものづくりセミナー

ものがあふれる時代に、もはや性能・機能の新しさだけで、消費者の心に刺さる魅力を打ち出すことは難しくなりました。顧客に選ばれる商品を開発していくためには、魅力あるものづくりを続けるとともに、“製品の魅力を的確に伝える”ことが重要になります。消費者はその製品によってどんな気分を味わうことができるのか。製品コンセプトを明確にし、それを難しい言葉ではなく、シンプルかつ強いメッセージで発信していく。こうしたブランディングの過程において、単なる製品の色形にとどまらない、デザイン的発想が大きなチカラを発揮します。

本セミナーでは、製品フォルムを整えるデザインと、それを機能として成立させるエンジニアリングを並行する「デザインエンジニアリング」手法を使い、自動車や食品、農業、医療など、様々な分野の企業とともに、製品開発のプロジェクトを多く手がける㈱ファシオネ代表取締役 登 豊茂男氏にご講演いただくほか、デザイン戦略を取り入れ製品開発に取り組まれた札幌市内企業の事例を紹介し、これからのものづくり企業に必要とされる、結果を出す製品開発の極意を語ります。

via 「伝わる」ものづくりセミナー/札幌市.